整形外科 Orthopaedics

当院で行っている変形性膝関節症に対する手術治療をご紹介します。
治療は患者さんの体形や骨格、病歴などによって異なりますので、記載している内容が治療のすべてではありません。

膝関節の変形の度合いが強くても、すぐに人工膝関節を勧めるのではなく、まずは骨切り術という骨を矯正する方法が可能であるか、自分の関節を温存する方向で検討します。特に若い方や、高齢でも活発に体を動かされている方は、膝の可動域かどういき(動かせる角度の範囲)を大きく損なわない骨切り術をお勧めしています。以前は、骨切り術の治療期間が長いとされていましたが、技術が進歩し、短期間で退院できるようになりました。一方で術後に積極的なリハビリが必要になるため、体力が低下しやすい70代から80代の方には人工膝関節置換術の手術をするほうがスムーズに早期に日常生活へ戻りやすい、という場合もあります。

関節鏡手術

初期の変形性膝関節症に対して行われる治療法です。関節内ですり切れた半月板や軟骨など膝関節の内部で起こった損傷を最小限に取り除く手術です。炎症や痛みの原因になる増殖した滑膜を除去することも可能です。膝の場合は、関節鏡という細い手術器具を使用するため小さな傷のみで対応できます。しかし、半月板の切除などにより変形性膝関節症が徐々に進む場合もあり、誰にでも適しているわけではありません。

膝周囲骨切り術

変形性膝関節症によって、内反変形(O脚)や外反変形(X脚)になり、痛みがひどく歩行が難しくなった場合などに、変形を矯正して痛みを取り除く治療法です。自身の骨を切ることで少し角度を変えて、体重を支える軸を適切に移動させる手術です。
自分の膝を温存できるため、正座や膝の曲げ伸ばし動作を含めて運動制限がありません。手術後にマラソンや登山などのスポーツを継続された方が多くいます。一方で、骨切り部の痛みが取れるまでの時間や固定した金属プレートの抜去、機能回復までのリハビリを継続する必要などがあります。

人工膝関節置換術

全人工膝関節置換術(TKA)のイメージ

変形した膝関節の表面を人工関節に置き換える治療法です。
変形性膝関節症の症状が進行して膝全体が大きく変形している、痛みが強く日常生活に支障をきたす場合に手術を行います。痛みの原因になる部位を人工関節で覆うことで、膝痛の改善に大きな効果があります。

人工膝関節置換術には「全置換術(TKA)」と「単顆置換術(UKA)」の2種類があり、膝関節全体が痛んでいる場合は全置換術を行い、内側だけが痛んでいる場合は部分的に置換を行う単顆置換術を行います。

1. 全人工膝関節置換術(TKA)

正常の膝関節の表面に似た形に設計されたインプラントと呼ばれる人工物に膝表面を置き換え、確実に痛みをとる治療法です。

メリット

  • 入院期間が短く手術の翌日から立って歩くことができる
  • 新しい膝に慣れると痛みが気にならない

デメリット

  • 自身の膝から人工膝になる
  • 人工関節には寿命がある(15年〜20年以上経過した後に再置換のリスクが上がる)
2. 単顆人工膝関節置換術(UKA)

関節のすり減りが「内側だけ」または「外側だけ」の一部手術になるため、膝への負担が非常に少ない治療法です。

メリット

  • 手術時間・入院期間が短い
  • 早期機能回復が見込める低侵襲
  • 膝関節の動きや変化(kinematics)の温存

デメリット

  • 患者さんによっては対応できない場合がある
  • 複数カ所を損傷している場合は適用できない

手術方法

膝の前面を切開し、大腿骨、脛骨(および膝蓋骨)の痛んだ部分をミリ単位で削り、金属の形にあうように骨を形成して人工関節を骨に固着します。当院での人工膝関節置換術は「ナビゲーションシステム」を用いて精度を高めた手術を目指しています。

ナビゲーションシステムについて

当院では、人工股関節置換術を行うすべての患者さんに「ナビゲーションシステム」を用いた手術を行います。人工膝関節を設置するときには「正確な人工関節の設置」が重要になるため、手術支援の機械を利用し、人工膝関節を設置する位置(高さや深さ)や角度を確認し、手術を進めています。

ナビゲーションシステムの詳細についてはこちら

ジャック®(自家培養軟骨)

2013年4月に保険適応となった「自家培養軟骨によるひざ軟骨治療」が当院においても2022年5月より可能となりました。ジャック®(自家培養軟骨)は保険適用で対応可能です。

ジャック®(自家培養軟骨)の詳細についてはこちら

膝関節のトップへ戻る

お問い合わせ先

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

Tel. 0798-33-0601

電話受付時間/8:00~17:00