リハビリテーション Rehabilitation

リハビリテーションには
さまざまな専門職が関わります。

専門によって提供できるリハビリテーションは異なり、それぞれの専門性を生かしながら、一人ひとりに合わせて、必要なリハビリテーションを提案します。

理学療法士(PT)

運動機能を回復させるためのスペシャリスト

理学療法士(PT)は、基本的な動作である「座る」「立つ」「歩く」「階段を上がる」「体を起こす」など身体の動きに関わる動作支援する、国家資格を持ったリハビリテーションの専門職です。病気などで寝たきりになってしまったり、身体の痛みでうまく歩けなくなってしまったりした時に、その人が目指す動作をもう一度できるように、一人ひとりに合わせたリハビリテーションを検討し提供しています。

どんなリハビリテーションをするの?

平行棒や階段などを使った歩行訓練や、器具やストレッチ、体操などをを行い関節の可動域を広げる「関節可動域運動」、電気刺激やマッサージなどを組み合わせて提供します。必要に応じて、その人に合わせた福祉用品の選定やご自宅の住宅環境の整備なども行います。

作業療法士(OT)

日常生活動作を回復させるためのスペシャリスト

作業療法士(OT)は「書く」「持つ」「縫う」「作る」などより生活に関わる動作を支援する、国家資格を持ったリハビリテーションの専門職です。歩くことはできてもこれまで楽しんでいた趣味がうまくできない、体は動くけど前のように家事ができないという方に、一人ひとりに合わせた生活の方法を一緒に考え、その人の生活が豊かになるようサポートをします。

どんなリハビリテーションをするの?

自宅での家事をしたいという方には、料理をする、掃除機をかけるなどの実際の動きを作業療法士と一緒に練習したり、楽しんでいた趣味をもう一度楽しむために実践を交えながら、作業療法士とできることを増やしていく・楽しみ方を考えていくなど、一人ひとりに合わせ生活を充実させる方法を提供していきます。

言語聴覚士(ST)

話す・聞く・食べる機能を回復させるスペシャリスト

言語聴覚士(ST)は「食べる」「話す」など口に関わることを支援する国家資格を持ったリハビリテーションの専門職です。食べられない、話せない、それぞれの原因を見つけ、対処法が何かを見出すために検査や評価を重ね、一人ひとりに合わせた訓練やアドバイスなどのサポートを提供していきます。

どんなリハビリテーションをするの?

病気により話すことができなくなったという方には話す・意思を伝える練習を行ったり、飲み込む力が弱り前のような食事ができなくなったという方には、飲み込むための訓練をしたり飲み込みやすい姿勢や食形態を検討し、一人ひとりに合わせた方法を提案、提供していきます。

お問い合わせ先

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

Tel. 0798-33-0601

電話受付時間/8:00~17:00