リハビリテーション Rehabilitation

ベッドにいる時間を減らし合併症を防ぐ

寝たきりによって起こる廃用症候群や合併症(筋力低下、関節拘縮、褥瘡、肺炎、認知機能の低下やうつ症状など)を予防するためにも、早期離床が重要です。食事や入浴などのセルフケアはベッドから離れて行い、院内で行っている園芸療法などのレクリエーション活動に参加いただくことで、長い時間ベッドから離れることを実践しています。

お問い合わせ先

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

Tel. 0798-33-0601

電話受付時間/8:00~17:00