新着情報 News

スタッフコラム

家屋訪問ってなに?

当院では回復リハビリテーション病棟に入院された方を中心に、今の生活環境でどのような動作に不便に感じているのか、段差や明るさなど不安に感じていることがないかなどを病棟の看護師や医療ソーシャルワーカーが聞き取り調査を行っています。また、ご自宅の生活環境について「家屋訪問」を行う場合もあります。以前は、退院時に行う機会が多かった「家屋訪問」ですが、早期に患者さんの生活環境を知ることで集中的なリハビリを提供できるように、当院では入院時に行っています。今回はこの「家屋訪問」についてご紹介します。

生活環境を把握したうえでリハビリを

「家屋訪問」が必要と判断した場合は30分から1時間程度、ご自宅を訪問して「家屋訪問」をさせていただきます。患者さんが在宅復帰したときにご自宅でどれくらいの生活レベルが必要になるのかを検討・把握し、リハビリや看護計画を他職種のスタッフとも共有し、患者さんに寄り添ったリハビリや治療法をご提供できるように努めています。
玄関にスロープ
家屋訪問内容の一例…

  • (一軒家の場合)寝室がある場所
  • 玄関や階段に手すりが設置されているか
  • ご自宅での様子や生活のリズム
  • お風呂やトイレの使い勝手
  • 段差などの高さチェック

結果を受けて福祉用具や住宅改修の判断も

福祉用具
入院中のリハビリ訓練で改善できた動作をふまえながら、退院したあとの生活動作に不安が残る場合などは必要に応じて「福祉用具」や「住宅改修」のお話をご提案する場合もあります。また、ご家族やご本人からのご相談や病状によっては、退院前の「家屋訪問」を行います。在宅復帰後の生活動作の確認や階段の高さや浴槽・トイレ動作などを細かく調べるため患者さんと一緒にご自宅へお伺いすることもあれば、ご家族の方に立ち会っていただくこともあります。

介護保険サービスなども検討しながら

家屋訪問を行った結果、住宅改修や福祉用具が必要となり、負担が大きく感じた場合は介護保険サービスを利用をケアマネージャーや福祉用具事業所の方などを交えて検討することもできます。家屋訪問は時間やお手間を取らせてしまいますが、退院後の生活意欲などを改善できる重要な訪問です。対象となりました場合には、ご協力いただきますようお願いいたします。

地域連携室

新着の記事

  • 2月17日(金)大井医師不在のため午後休診です

  • 2月18日(土)中井医師不在のため藤光医師が担当します

  • 2月17日(金)諸岡医師不在のため午後休診です