新着情報 新着情報

新着情報

スタッフコラム

花粉症対策について@看護部

花粉症の方にとっては、つらい季節がやってきました。花粉症は「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」などの風邪症状と似ていますが、花粉が飛んでいる期間中、症状が続きます。花粉から身を守り、これから続く花粉シーズンを乗り切るための対策をご紹介します。

外出時の対策

外出を控えめに

花粉の飛散が多い日は特に注意が必要です。できるだけ外出をしないことが最大の対策ですが、ニュースや天気予報などで花粉情報をチェックして、飛散量が少ない時間を選ぶなど花粉を避けるようにしましょう。

完全防備で外出を

帽子・眼鏡・マスクを身につけて、コートなどの上着は表面がサラサラした素材を選びましょう。

室内に花粉を持ち込まない

帰宅時には、玄関先で衣服や髪についた花粉をよく払い、すぐにうがい・手洗い・洗顔をして体についた花粉を洗い流しましょう。

室内での対策

花粉の侵入を減らす

窓や部屋の扉をなるべく閉めて、掃除をこまめに行いましょう。フローリングの床であれば、毎日拭き掃除をすると効果的です。
また、洗濯物や布団の外干しは避けて、室内干しや布団乾燥機などを活用しましょう。空気清浄機を使用すると予防にも役立ちます。

そのほかにも、喫煙や睡眠不足やストレス、偏った食事などは花粉症の症状を悪化させる要因といわれています。花粉シーズン中は、これらを避ける配慮も必要です。

病院での治療について

一般に病院で行う花粉症の治療は、症状を抑える目的の薬物療法とアレルギー反応そのものを抑える減感作療法(アレルゲン免疫療法)があります。
花粉症の症状、重症度、薬の効果などには個人差があるため、患者さんそれぞれの症状に合った治療薬を見つけることもできます。
花粉症は早めの治療が効果的です。本格的な花粉症シーズン到来の前に、花粉症でお悩みの方はお早めにご相談ください。

看護部 田中