新着情報 新着情報

新着情報

スタッフコラム

在宅での自主トレは必要?@理学療法士

病院から在宅医療への移行が進み、在宅でも安全に暮らしていただくためには、
身体機能の維持、向上が必要不可欠だと言われています。

入院生活ではリハビリをする習慣がありますが、
退院すると、ひとりでリハビリを継続することはなかなか難しいと耳にします。
ですが、身体機能を維持、向上するためには自主的なリハビリの実施が必要です。

現在、当院のデイケアでは約90名の方が利用されており、
メニューのひとつとして、20~30分ほどご利用される方に合わせた
自主トレメニューを組んで、理学療法士を中心にご提供しています。

自主トレの内容は、ウェイトトレーニングだけではありません。

デイケアの中を歩くことや、理学療法士と横になりながら筋力を身につける方法もあります。
「体を強くしたい」「転倒したくない」といった気持ちを、大切にしながら
在宅生活を安心して暮らせるように、転倒しない体づくりを目指しましょう。

理学療法士