新着情報 News

スタッフコラム

フレイルとは?

「フレイル」という言葉をご存知でしょうか?
フレイルとは、加齢に伴って体力や気力をはじめとしたさまざまな場面での回復力が弱くなり(生理的予備能の低下)、ストレスに対しての抵抗力が弱くなった状態のことを言います。

加齢による低下

フレイルの基準とは…

フレイルチェック

そのほかの要素

・身体的:低栄養、骨・関節・筋肉などの機能低下(ロコモティブシンドローム)
・心理的:加齢に伴う軽度の認知機能低下とうつ症状
・社会的:自宅に引きこもってしまう

フレイルになってしまうと・・・

身体機能や筋力が低下したことで、活動する時間や量が低下します。疲れがドッと出るため、外出する機会が減り、食欲も低下する傾向があります。
また、食が細くなってしまったことで、低栄養や身体機能・筋力の低下がさらに進み、認知機能をはじめ、さらなる悪循環につながってしまいます。さらにフレイルになると、健康だった頃よりも「転倒のリスク」が約2倍高くなり、入院や要介護となるリスクも高くなります。
ですが早期発見・早期支援で「フレイル」は、適切に対処することで、健常な状態に改善・回復することができる時期でもあります。

こんな対策が大切に…

タンパク質料理がおすすめ

フレイルにならないためには、運動と食事が重要になります。転倒リスクを減らすために、お尻・太もも・ふくらはぎの筋肉を鍛えることや、ウォーキングなどを習慣づけることもおすすめです。
また、食事の面ではタンパク質(豚肉、鶏肉、卵、大豆)を摂ることが大切です。食事で十分なタンパク質を摂れない場合はサプリメントなどで補うこともできます。

健康で元気に過ごすためにも、日頃からフレイル対策を行ってみてはいかがでしょうか。

リハビリテーション部

新着の記事

  • 2月17日(金)大井医師不在のため午後休診です

  • 2月18日(土)中井医師不在のため藤光医師が担当します

  • 2月17日(金)諸岡医師不在のため午後休診です