新着情報 News

整形外科 メディア

第34回関西関節鏡・膝研究会にて発表しました

第34回関西関節鏡・膝研究会

2022年3月5日(土)に開催された「第34回関西関節鏡・膝研究会」に参加し以下の整形外科医が発表しました。

演題名 演者
脛骨anterior closing wedge osoteotomyを併用した前十字靭帯再々再建術の1例 発表者:大西 慎太郎
共同演者:新名 愛梨
吉矢 晋一

第34回関西関節鏡・膝研究会

大西医師からのコメント

ここ20年間で前十字靭帯損傷に対する治療は大きく進歩しています。その中でも手術後の「再断裂」や「ゆるみ」など、まだまだ取り組む必要がある課題が残っています。今後も一人ひとりの患者さんの状態に、できる限りベストに近い治療ができるように研鑽して参ります。

同研究会での表彰について

顧問 吉矢医師が名誉会員へ今回の学会にて、当院の顧問 吉矢医師が永年の貢献が評価され、名誉会員として表彰されました。関節鏡・膝研究会について、日々の診療に尽力いたします。