新着情報 News

スタッフコラム

見直そう!ウォーキングの効果

1年以上続いている感染対策。
気軽に外出をする機会が減り、運動不足やプチ不調などになっていませんか?
今回は、密になることなく、ひとりで気軽に始められる運動がウォーキングについてご紹介します。

ウォーキングのおさらい

ウォーキングの効果
ウォーキングはエネルギーを消費し、内臓脂肪を減少させることのできる有酸素運動で、季節を問わず取り組むことができます。
ウォーキングには以下の効果があります。

  • 血圧の低下が期待できる
  • 筋力トレーニングと併用して血糖値の減少が期待できる
  • 中性脂肪の低下とHDLコレステロールの増加が期待できる
  • 高血圧や糖尿病、脂質異常症の予防にも効果的
  • など、続けることでさまざまな効果があるといわれています。

    効果的なウォーキングとは

    どこでも、いつでも気軽にできるウォーキングですが、効果を得られやすいウォーキング方法をご紹介します。

    ウォーキング時間

    1日30分、週に5回以上

    有酸素運動は、20分以上行うことで脂肪を燃焼するダイエットの効果が現れます。ただし、1時間を超える長時間の運動は、身体への負担や疲労の蓄積が強くなるなど逆効果です。まずは続けられるように効果的な時間内で続けることを目標にしましょう。

    速度の目安

    普段の歩行から少し早歩きを意識

    ウォーキングの速度は、通勤や通学時の歩くペースより少し速いぐらいを目標にしましょう。いつもと同じ歩行速度から始めて、少しずつ早歩きを意識するなど、無理のないペースで続けましょう。

    フォーム

    ウォーキング_フォーム

    正しい歩き方

    正しい姿勢で歩くために、、「胸を張る」「腕をしっかり振る」ことがポイントです。また、歩くときには「おなかに軽く力を入れて」歩くことを意識しましょう。歩くときには、後ろにしっかり蹴りながら歩くと効果的です。
    ウォーキングは運動不足の改善だけでなく、気持ちの落ち込みの改善にも効果的です。
    ぜひ、明日からウォーキングを始めてみてはいかがですか?

    リハビリテーション部

新着の記事