新着情報 News

スタッフコラム

HDL・LDLコレステロールについて

健康診断でよく見かける、HDLコレステロールとLDLコレステロール。
この項目で医師から「脂肪のとり過ぎや食生活の乱れを改善しましょう」と指摘されたことがある方や、高くなったことを気にされる方も、改めて具体的にどういったものなのか、ご紹介します。

HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールとは?

まず、血液中には脂肪成分である「脂質」が流れています。
脂質の中には、一般に善玉と呼ばれる「HDLコレステロール」や悪玉と呼ばれる「LDLコレステロール」、中性脂肪(トリグリセライド)などのさまざまな種類が含まれています。
脂質は、体を作る細胞膜や、体の調子を整えるたくさんのホルモンを作る重要な成分です。これらがないと人間は生きていくことができません。
HDLコレステロールとLDLコレステロールとは?

脂質がたくさんあれば体に良いの?

脂質が体の調子を整えるホルモンを作る重要な成分だというと、脂質が多いほうが体に良いと思うかもしれません。ですが、そうとも言えません。
例えば、「高脂血症」と呼ばれていた、血液中にLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多すぎる状態だけではなく、HDL(善玉)コレステロールが少なすぎても同じように危険な状態となるため、LDL(悪玉)コレステロール値や中性脂肪が高い場合やHDL(善玉)コレステロール値が低い場合の状態をまとめて「脂質異常症」といいます。
脂質異常症が引き起こす病状として、動脈硬化などが挙げられますが、これを放置すると心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが上がるといわれています。

脂質異常症にならないためには…

脂質異常症にならないためには、食事の改善や運動による生活改善が必要です。
青魚に含まれる不飽和脂肪酸を摂取することでLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがあります。青魚以外に大豆製品を多く摂取する方法もあります。また、LDLコレステロールを高値化させる原因となる、飽和脂肪酸の摂取を減らすことも大切です。
この飽和脂肪酸は加工食品や、魚・魚卵・生クリームやバター、鶏皮や牛肉・豚肉の脂身が多い部位、卵や生クリーム、バターを多く使っている菓子類などに含まれています。
これらを控えめにするだけで、比較的安易にLDL(悪玉)コレステロールを下げることができます。
また、植物性の油(オリーブ油やひまわり油)はLDL(悪玉)コレステロールを下げると言われているのでバターの代替えや適量摂取を勧めています。
血液中の脂質_2
痛みや不快感を伴わない症状には、なかなか気付くことができません。
日々ほんの少し気をつけながら、長く健康に暮らしましょう。

検査部

新着の記事

  • 2月17日(金)大井医師不在のため午後休診です

  • 2月18日(土)中井医師不在のため藤光医師が担当します

  • 2月17日(金)諸岡医師不在のため午後休診です