整形外科 整形外科

整形外科

PRP-FD療法について

当院では、血小板の働きを活用するPRP治療を応用したPRP-FD(PFC-FD)(血小板由来因子濃縮物-フリーズドライ化)療法を行っています。治療についてのお問い合わせや不明点などは整形外科の医師までお尋ねください。

PRP-FD療法とは

PRP-FD療法は、ご自身の血液に含まれる血小板を用いた再生医療です。切り傷が治るにつれてカサブタができ、徐々に治癒していきます。その傷が治癒する過程で活発になる血液のなかにある「血小板」から分泌される「成長因子」を利用した治療がPRP-FD治療です。手術・服薬・投薬などとは異なる保険適用外の治療法です。

期待できる効果について

抗炎症作用

血小板には炎症を抑える働きなどを持つ成長因子が含まれています。

修復促進作用

血小板に含まれる成長因子に関節軟骨破壊を誘発する「サイトカイン」を軽減させる作用があります。

変形の進行予防

血小板に含まれる成長因子は自己修復に必要な細胞増殖を促進します。

治療の流れについて

  • step

    1

    問診・診察
    まずは来院いただき、問診と簡単な診察を行います。
  • step

    2

    採血
    治療する1部位につき約50mlの採血を行います。※感染症検査(HIV・HBV・HCV・梅毒・HTLV-1)を行います。
  • step

    3

    血液をPRP-FDへ加工
    専門の加工業者にてPRP-FDを抽出します。※PRP-FDを抽出には3週間ほどかかります。
  • step

    4

    加工したPRP-FDを患部に注射
    ご希望に応じて2箇所まで注入できます。※加工したPRP-FDは半年間保存が可能です。

PRP療法とPRP-FD療法の違いについて

治療の注意点

  • 重度の関節が変形した状態や重度の肥満傾向・関節リウマチなどの膠原病をお持ちの場合は効果が落ちる傾向があります
  • 効果の持続期間は個人差があります
  • 治療の効果がない場合でもご自身の血液を使用するため過度な副作用がありません
  • 現時点でPRP療法とPRP-FD療法の明確な治療効果差は確約できていません

こんな方を対象としています

  • 変形性関節症による膝の痛みでお悩みの方
  • 関節にヒアルロン酸の注射を受けているが、痛みがなかなか良くならない方
  • 関節炎と診断されて、さまざまな治療法を試している方
  • 階段の上り下りで、膝に負担がかかる方
  • 人工関節の手術を勧められているが、手術以外の方法を試したい方
  • 膝に違和感があるけれど、同じ治療法を続けても効果が得られない方
  • スポーツで関節・筋肉・腱を痛めた方
  • 手術に抵抗感がある方

よくある質問について

治療に年齢制限はありますか?

特に制限はありません。手術を行わない治療ですので、高齢の方でも受けることができます。ただし、感染症検査(HIV・HBV・HCV・梅毒・HTLV-1)を行う必要がありますので、感染症で陰性となった方のみが対象となります。

どんな痛みを治療できますか?

膝や腰などの関節の痛み、アキレス腱など筋肉や腱の症状に適用となることもあります。まずは現在の症状を医師にご相談ください。

副作用はありますか?

患者さんご自身の血小板から抽出した成分を注入するため、重い副作用は少ない傾向です。ただし、注射をした直後の一般的な痛みや赤みなどが起こる場合はあります。

その他、ご不明な点がありましたら、問い合わせメールをご利用ください。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る