股関節 股関節

股関節

股関節の痛みについて

どうなってるの?股関節の仕組み

股関節とは、両脚のつけ根にあり、骨盤と大腿骨だいたいこつを連結している関節です。お椀の形をした「寛骨臼かんこつきゅう」と球体の形をした「骨頭こっとう」からなり、連結している部分が球体(球関節)のようになっているため、前後・左右さまざまな方向に動かすことができる自由度の高い関節です。また、動きを保ちながら体重を支えている関節として日本人の生活動作に多い「正座」や「しゃがむ姿勢」など複雑な動きが行えます。
股関節は、骨頭と寛骨臼の表面は軟骨なんこつと呼ばれる弾力のある組織で覆われており、衝撃を吸収したり、関節が動く時の摩擦を減らしたりすることで滑らかな動きができるようになります。
この軟骨が何らかの障害によってすり減ってくると、股関節に痛みを感じるようになったり、関節を動かす範囲が徐々に狭くなって日常生活動作に制限が出るようになります。

「股関節が痛い」原因はなに?

段差があると足の付け根に痛みを感じたり、歩いたあとにお尻や足の付け根が痛くなったり、股関節の痛みには、さまざまな原因が考えられます。股関節周辺の痛みには「坐骨神経痛」や「腰椎椎間板ヘルニア」「鼠径ヘルニア」など股関節以外に原因がある可能性も考えられます。まずは痛みが出始めたときに、病院で診察もしくは検査を受けることが大切です。いくつか股関節の疾患をご説明します。

変形性股関節症股関節に痛みを感じる、関節の動きが制限される

股関節に痛みを感じる方や股関節が硬くなってしまい関節の動きが制限される方のなかで最も多い疾患が「変形性股関節症」です。
例えば、寛骨臼形成不全かんこつきゅうけいせいふぜんと言う、生まれつき股関節の受け皿となる「骨盤の形が浅い」状態の方が、年齢を重ねたことで股関節に負担がかかり、股関節が少しずつ変形し軟骨がすり減っていきます。このような状態になると、痛みを感じるようになります。ただし、すべての方が高齢になると変形性股関節症になるとは限りません。

変形股関節症になりやすい状態とは?

股関節周囲の骨折を経験された方や、肥満による軟骨の障害を除き、寛骨臼形成不全かんこつきゅうけいせいふぜんと呼ばれる、生まれつき骨盤の発育不全があった方が年齢を重ねることで発症する場合に多く認められます。

治療について

比較的若い40代前後で股関節の変形が生じていない早期に寛骨臼形成不全が発見された場合には筋力訓練や可動域訓練などのリハビリテーション、ダイエットなどで股関節への負担を減らすなどの保存的治療が適応になります。
寛骨臼形成不全の程度が強く将来変形性股関節症の進行が強く予想される場合には寛骨臼の骨切手術が必要になります。


軟骨がすり減って変形が進行してしまっている場合には疼痛の程度に応じて人工股関節置換術が必要になります

大腿骨頭壊死症ずっと股関節の痛みが消えない、股関節が痛すぎて歩行がつらい

大腿骨頭壊死症だいたいこっとうえししょう」とは何らかの原因によって大腿骨頭の一部の血流が悪くなり、大腿骨頭が壊死する病気です。大腿骨頭は、もともと酸素や血液を供給している血管が少ないため、血液の流れが悪くなったり途絶えてしまうと、骨の一部が壊死してしまいます。一度壊死した骨は元に戻らず、壊死した骨が骨折したり骨頭が潰れたりしていくことで、股関節が痛くなり、足を引きずって歩くようになったり、歩行が困難になる場合があります。放置すると骨頭が潰れてしまい、著しい変形とともに非常に痛みを感じるようになります。

大腿骨頭壊死症になりやすい状態とは?

大腿骨頭壊死症の原因は、明確に解明されていませんが、いくつかの危険因子として「アルコールの多飲歴」や「大量のステロイド使用歴」などがリスクを高めると言われています。ただし、突然発症する場合もあります。原因がはっきりしていない場合は、特発性大腿骨頭壊死症と呼ばれています。この特発性大腿骨頭壊死症は国の難病指定を受けており、年間2000人~3000人程度の発症数があると推計されています。


放置すると骨頭が潰れて著しい変形とともに非常に強い疼痛と歩行困難が生じます。

治療について

壊死の範囲が小さく骨頭が変形(圧壊)を起こしていない場合には大腿骨回転骨切手術という方法で壊死している部分に体重が直接かからないようにする手術を行います。


壊死範囲が広範囲の場合や骨頭の表面に変形が生じている場合には 人工股関節置換術を行います。

関節リウマチ「腫れ」や「こわばり」などを感じる

関節リウマチとは?

関節リウマチは、免疫の異常が関係する病気(自己免疫疾患)です。免疫の異常により、全身のあらゆる関節のなかにある滑膜かつまくに炎症が起こり、「腫れ」や「こわばり」などを発症します。腫れ上がった滑膜は、軟骨部分や靭帯じんたいを破壊し、進行すれば骨をも破壊して関節の機能を損なうようになります。また、関節リウマチは放っておくと、やがて関節が変形してしまいます。

関節リウマチになりやすい状態とは?
治療について

関節リウマチは、30代〜50代の女性に起こりやすく、手指や手、肘、肩、足、膝、股などのいろいろな関節に腫れや痛みが起こります。
主な初期症状として、両手や両足の関節に痛みや腫れを感じることが多くなります。繰り返すようであれば要注意です。
関節リウマチで治療されている方には、常に痛み止めを飲んいる場合が多く、また健康な状態の方よりも活動性が低いため症状が強く出ることなく、かなり進行した状態になってからレントゲン検査などで発見されることもあります。
また、関節の痛みとは別に、「疲れやすい」「だるい」「熱っぽい」というような症状が起こります。関節の違和感に加えて、このような体調の変化があれば病院での受診を検討してください。

基本的には初期は内科的な薬物治療が中心ですが、変形が明確にわかるような状態などは人工関節を主とした整形外科による手術が必要になります。「腫れ」や「こわばり」などを感じている場合は、一度お近くの病院または、当院の整形外科までご相談ください。

臼蓋・大腿骨衝突症候群(FAI症候群)車の乗り降りやしゃがむ動作をすると鋭い痛みを感じる

ここ数年で新しくわかってきた病態で、以前は「変形性股関節症の一部」と考えられていました。股関節を深く曲げたりひねるような動作を繰り返すことで、大腿骨と臼蓋きゅうがいがぶつかり、軟骨に痛みが出始めます。初期の段階では、車の乗り降りやしゃがむ動作をすると鋭い痛みを感じますが、普段の歩行では痛みを感じることはありません。

臼蓋・大腿骨衝突症候群(FAI症候群)になりやすい状態とは?

比較的若くスポーツを行っている方に生じることが多く初期は歩行時ランニング時などにはあまり疼痛がなく、車の乗り降りやしゃがみこみなどの動作で鼠径部(股関節前方)に鋭い痛みを生じるのが特徴です。病態の理解や筋力トレーニング、ストレッチなどのリハビリテーションで症状が改善する場合がほとんどですが、長い経過の中で軟骨の変性が進行する可能性もあります。

股関節の動きに欠かせない「中臀筋」

「足の付け根が痛い」と感じたときは、股関節周囲のストレッチが効果的です。「股関節が硬い」ことが股関節の痛みの原因になっている可能性があります。また、股関節周辺の筋肉を柔らかくすることで股関節の柔軟性を取り戻すことができます。関節にかかる負担を軽減するためには、適度な体重維持も必要となります。股関節が硬いと感じている方は、中臀筋やその周囲の筋肉を柔らかくするストレッチやマッサージなどに取り組みましょう。ただし、強引なストレッチや痛みを我慢して続けることがないように注意しましょう。

筋力が低下しない程度に適度な運動を

股関節が痛い原因が「変形性股関節症の初期段階」だった場合は、副作用に考慮しながら消炎鎮痛剤を使用した痛みの緩和と運動療法を行います。股関節まわりを柔らかくしようと過度な運動に取り組むと、かえって関節への負担が大きくなる可能性もあるため適度な運動で抑えるようにしましょう。
ただし、変形性股関節症と診断されたことで、必要以上に安静を心がけてしまい筋力が低下し、関節が固まってしまう(拘縮)に陥ることがないように、医師や理学療法士指導のもとで適度な運動を行うようにしましょう。

当院で実施している股関節手術治療について

当院では、変形股関節症の手術治療を行っており、治療法は大きく分けてふたつあります。ひとつは、変形性股関節症が進行する前に予防と痛みの緩和を目的とした「骨盤骨切り手術」です。もうひとつは、変形性股関節症が進行してしまい軟骨の消失や、骨盤や大腿骨頭の変形が生じてしまっている場合に行う「人工股関節置換術」です。詳細は股関節手術治療のページをご確認ください。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る