外来リハビリテーション 外来リハビリテーション

外来リハビリテーション

外来リハビリテーション

外来リハビリテーションとは

外来リハビリテーションとは、在宅生活を送りながら通院可能な方に対して提供するリハビリテーションです。運動機能や言語・嚥下(えんげ)面での評価と治療を行います。体が動きにくい、関節(腰・股関節・膝)が痛い、在宅生活で困っていることがある、話すことや食べることに関するリハビリテーションを受けたい、スポーツ障害の改善、職場復帰、運動発達や言葉の遅れなど、さまざまなお悩みについての助言や個別プログラムの提供をさせていただきます。「病院を退院したが急にリハビリテーションがなくなるのは不安」「最近腰や肩の痛みが気になる」などの悩みをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

開始までの流れ

お問い合わせ

まずはお電話にてお問い合わせください。

医師による診察

医師の診察を受けていただきます。
リハビリテーションが必要と判断された場合は、
リハビリテーション開始日時をご相談のうえ決定します。

リハビリテーション開始

予約日時に20〜40分程度のリハビリテーションを受けていただきます。(実施時間は患者さんによって異なります)

リハビリテーション内容例

  • 腰痛など身体の痛みを緩和するための徒手治療
  • 在宅で困っている動作練習(床からの立ち上がり、段の昇り降りなど)
  • 息切れを減らすための練習および動作指導(歩行、階段、エルゴメーターなど)
  • 脳梗塞後の言語練習(話す、聞く、読む、書くなど)
  • 麻痺など身体の動きにくい部分に対する練習

小児リハビリテーション内容例

  • 身体・知的・言語・対人機能面で発達の遅れのあるお子さんに対し、能力を最大限に引き出せるように援助いたします。

アスレティックリハビリテーション内容例

  • スポーツ整形外科と連携し、スポーツ障害からの競技復帰、セルフケア指導や効率の良い自主トレーニング方法の指導など年齢を問わず、すべてのアスリートをサポートしています。お困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

お持ちいただくもの

  • 健康保険証(毎月の初回利用時に必ずお持ちください)
  • 後期高齢者医療受給証(毎月の初回利用時に必ずお持ちください)

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る