新着情報 News

スタッフコラム

転倒予防について

75歳以上の高齢者が1年間で転倒する割合は32%、転倒された方の内で6%の方が骨折をしているとの報告があります。

転倒と筋力の関連

転倒リスクと最も関連している要因に「筋力低下」があります。
20歳のときの筋肉量を基準にすると、
70歳になったころには、男性・女性ともに約30%筋肉量が低下している状態になります。
加えて、寝たきりになると、条件によっては1日で1~4%の筋力が低下すると報告されています。
日常生活動作が減ると急激な「筋力低下」につながってしまいます。

脚の筋力テストをしてみよう!

ご自宅で脚の筋力を確認できる「立ち上がりテスト」という簡単で便利なテストがあります。椅子から5回立ち上がる時間を計測するものです。
安全に配慮しながら、ぜひ測定してみてください。

立ち上がりテスト

  • 腕を胸の前で組んで椅子から5回連続で立ち上がる時間を測ります。
  • 計測タイムが12秒以上かかる場合は転倒リスクが高い判定となります。

デイケア 理学療法士

ご自宅で気軽にできる簡単筋トレはこちら

新着の記事

  • 6月26日(水)井上医師不在のため午前寺崎医師・午後谷口医師の代診です

  • 6月25日(火)井上医師不在のため角田医師の代診です

  • 6月24日(月)井上医師不在のため横山医師の代診です