新着情報 News

脳神経外科

「聞こえにくい」と感じたときも脳神経外科へ

「聞こえにくい」と感じたとき、耳鼻科を受診する以外にも「脳神経外科」を受診するという選択肢があります。
例えば、以前より聞こえにくいことが増えたり、雑音や耳鳴りが続くなどの場合は、加齢や耳の病気だけではなく、「脳」もしくは脳と眼をつなぐ「聴神経」が影響している可能性があります。

なぜ聴力が脳に影響しているの?

耳の構造_01

音が聞こえる過程は、耳へ入った音は「鼓膜」を通って「蝸牛」に伝わり、電気信号に変えられます。その信号は「聴神経」を通して「脳」に伝わり、脳がその情報を認識し、ようやく聞こえる音を理解できる、という仕組みです。そのため、「聴神経」や「脳」が正常に機能していないと、鼓膜や蝸牛に問題がなくても聴力に影響を及ぼすことになります。

どのように聞こえにくくなる?

聴覚の場合は、どちらか片側の耳だけが聞こえないという状況も起こります。例えば、右の聴神経が障害されると、右耳のみ聞こえにくくなります。聞こえにくという感覚以外にも、不正確な音が脳に伝わり耳鳴りがするということもあります。一方で、脳の場合は聴神経と異なり、片方の脳が障害されても両耳とも聴力は保たれます。しかし、両方の脳の障害が起こると両耳とも聞こえにくくなります。

「聴神経」や「脳」の障害を起こす病気

「聴力は低下していないが、よく聞こえない…」という場合に考えられる代表的な原因には、下記のようなものがあります。

聴神経の障害 聴神経腫瘍、髄膜腫などによる神経の圧迫
脳の障害 脳梗塞、脳出血

良性腫瘍はゆっくり増大していく…

最も多いのが聴神経腫瘍です。大半の場合は良性腫瘍で、良性腫瘍は「ゆっくり増大し」聴力も「ゆっくりと低下」していきますが、ある時点から急激に聴力低下が進み、突発性難聴のような症状に変わることもあります。「突発性難聴を繰り返す」などの症状でお悩みの場合は、一度お近くの医療機関にてMRI検査を受けられることをおすすめします。

迷ったり悩んだときは、まず検査を

「聞こえにくい」と感じたとき、年齢による影響も考えられますが、聞こえにくい原因には「脳の病気」が隠れている場合があります。
特に、片側の耳だけ聴力が落ちている場合などの自覚症状があれば、お近くの脳神経外科を受診されることをおすすめします。
当院は紹介状なしで当日MRI検査も可能です。気になっている、受けてみようかなと思ったらぜひ、当院の脳神経外科にお越しください。

新着の記事

  • 2月17日(金)大井医師不在のため午後休診です

  • 2月18日(土)中井医師不在のため藤光医師が担当します

  • 2月17日(金)諸岡医師不在のため午後休診です