新着情報 News

アスリハ通信

踵骨骨端症(シーバー病)

アスリハ通信、第5回は理学療法士の長續が「しょうこつこったんしょう(シーバー病)」をご紹介します。

成長期の子どもに多いかかとの痛み

シーバー病_2

しょうこつこったんしょう(シーバー病)と言うスポーツ傷害を知っていますか?
お子さんに「かかとが痛い」という症状があれば、ひょっとすると「しょうこつこったんしょう(シーバー病)」と言われるスポーツ障害かもしれません。

しょうこつこったんしょう(シーバー病)とは?

しょうこつこったんしょう(シーバー病)は、足のかかとに痛みや腫れが出る疾患です。
特に男の子に多くみられ、10歳前後の学童期にサッカーや野球、バスケットボールなどのスポーツをしているお子さんに次のような症状があれば、一度整形外科の受診も検討いただければと思います。

  • 運動中や運動直後だけ痛みを感じる(時間が経過すると痛みはおさまる)
  • かかともしくはかかとの辺りが腫れていたり、熱を持っている
  • かかとが痛くて、つま先だけで歩いている

しょうこつこったんしょう(シーバー病)の症状は、運動を中止すると改善されますが、根本的な原因を解決できないと再発・進行してしまい、ひどい場合は骨折につながる要因となります。

痛くなる原因はなに?

しょうこつこったんしょう(シーバー病)の原因は、大きく分けて3つあります。

  • アキレス腱(ふくらはぎ)・そくていけんまく(足裏)などが硬くなっている
  • 急に運動を始めたり、急に練習量が増えたことによる使いすぎ(オーバーユース)
  • 姿勢やフォームの未熟さによるかかとへの負担が集中してしまう

アキレス腱とそくていけんまく(足裏)はどちらもかかとの骨に付着しています。これらが硬い状態でダッシュやジャンプなどの激しい運動を繰り返すと、かかとの骨への負荷が大きくなりすぎて炎症を起こしてしまいます。上記の症状が当てはまる方は、アキレス腱とそくていけんまく(足裏)のストレッチがおすすめです。自宅で簡単にできるので、ぜひ行ってください。

すぐできるストレッチ!!

アキレス腱ストレッチ
(ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ)
直立姿勢から片脚を後ろに引いて、アキレス腱とふくらはぎを伸ばします。
骨盤が壁と水平になるような姿勢を意識して、
かかとをグーっと床に押し付けます。
この姿勢を90秒キープしてふくらはぎとアキレス腱を伸ばしていきましょう。

アキレス腱1_3
骨盤を壁と水平になるように姿勢を整えます。
そこから片脚を後ろに引いて、
反対側の膝を壁に近づけるように曲げます。
かかとは床から離さないように意識しましょう。
この姿勢を90秒キープしましょう。

アキレス腱ストレッチ_足底筋膜
硬まった足裏の筋肉をほぐす方法です。
ゴルフボールやテニスボールを足の裏に置いて、ゴロゴロと踏み転がしてください。
やや痛いと感じる箇所で90秒キープしましょう。
※手すりを持って行うなど、足元に注意してください。
また、痛みがひどすぎるときは中止しましょう。

痛みが続くときは受診を

運動を中止したり、上記のような予防ストレッチを行っても痛みが改善しない場合や再発を繰り返すようであれば、姿勢やフォームの未熟さが原因になっているかもしれません。
間違ったフォームでスポーツを行っていると、しょうこつこったんしょうだけでなく、さまざまなスポーツ障害の原因になります。
スポーツを痛みなく、ベストパフォーマンスが出せるように、痛みが続くようであればスポーツ整形外科を受診してください。当院の整形外科外来でもお困りのことがあればご相談いただけますのでご利用ください。