股関節に対する手術治療について 股関節に対する手術治療について

股関節に対する手術治療について

股関節に対する手術治療について

※当院で行う整形外科手術からいくつかの代表的な手術を説明・解説し、患者さんご自身の治療方針の参考にしていただくページです。記載している内容が治療のすべてではありません。また、治療は患者さんの体形や骨格、病歴などによって異なります。

当院で行っている変形性股関節症に対する手術治療には大きく分けてふたつあります。進行する前に行う「骨盤骨切り手術」と、進行した状態(軟骨の消失や骨盤や大腿骨頭の変形)に行う「人工股関節置換術」です。

骨盤骨切り術について

国内外を含めて股関節周囲のこつ切り手術方法にはさまざまな種類があります。当院では寛骨臼かんこつきゅう回転骨切り術(curved periacetabular osteotomy; CPO)という手術を行っています。この手術には適応の対象となる条件があり、変形性股関節症の原因になる寛骨臼形成不全があり、まだ正常に近い軟骨が残っている50歳以下の方が望ましい手術です。

※骨盤骨切りの手術は、ほかの人工関節手術と比較すると、骨癒合までの時間がかかりリハビリなどを含めると、約2ヶ月の入院期間が必要となります。また、軟骨がすでにすり減り始めている、もしくは変形性股関節症を発症している状態で手術を行う場合は、変形性股関節症の進行を遅らせることはできますが、経年的に徐々に軟骨がすり減る可能性があります。

寛骨臼回転骨切り術について(CPO)

寛骨臼回転骨切り術は、臼蓋形成不全の股関節の骨を切り回転することで荷重する関節面を広げる手術です。股関節の痛みを和らげるとともに変形性股関節症への進行を予防する目的があります。
寛骨臼形成不全では寛骨臼の屋根が小さく(浅く)大腿骨頭の全体を覆うことができていないため、手術で寛骨臼の骨をドーム状に切ってスライドさせることで大腿骨頭を正常に覆います。

寛骨臼形成不全がある方は、大腿骨が不安定になっているため、骨盤にある寛骨臼をドーム状にくり抜くように骨切りを行い、骨切りした骨を外側へスライドさせて、骨頭を正常な股関節と同じように覆う手術を行います。この手術の非常に稀な合併症として、血管損傷や神経損傷、軟骨損傷などが起こる場合が稀にあります。当院では、安全に手術が行えるように人工股関節と同様のナビゲーションを用いています。

手術のポイントは以下の通りです

  • 軟骨が正常な初期段階であれば、変形性股関節症の病期の進行を防げる
  • 早期手術を行うことで生涯自分の関節を維持できる
  • 手術後に癒合して筋力が回復すれば、すべてのスポーツや日常生活に制限がなくなる

長期入院と自己血採取が必要

この手術を受けると、骨切りした骨が癒合するまで、ゆっくりとリハビリを進める必要があるため、当院は2ヵ月の入院を基本としています。また、手術中の出血が多くなるため、手術予定日の1ヵ月前から2回(400mlx2回)の自己血採取が必要となります。

術後の対策

手術後の「疼痛」は患者さんにとって非常に重要で心配な問題です。しかし手術に伴う炎症と疼痛が軽減してからリハビリを開始すると、炎症が治るまでの間に「筋力低下」や「拘縮」が進行してしまいます。そのため、手術直後から患者さんの疼痛を緩和し、早期のリハビリを行えるよう、当院では麻酔科医師の協力のもとマルチモダール鎮痛法(多用式鎮痛法)を実践しています。
マルチモダール鎮痛法は、さまざまな鎮痛薬や鎮痛方法を組み合わせ、少量ずつ同時に使用することで疼痛の改善を図るという方法です。局所麻酔薬・末梢神経ブロック・オピオイド・消炎鎮痛剤・アセトアミノフェン点滴などを少量ずつ使用する疼痛の緩和と併せて、頻回にアイシング(氷で冷やす)ことも効果的です。「疼痛」に関するご不明な点がありましたら、医師までお尋ねください。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る