当院について 当院について

当院について

アスレティックリハビリテーション

アスレティックリハビリテーションとは

当院では、スポーツをしている全ての方が抱えるさまざまな問題や悩み、競技復帰までの目標などをスタッフ全員で共有・対応しています。スポーツ整形外科センターでは、医師や日本スポーツ協会公認のアスレティックトレーナー、理学療法士、チームトレーナーの経験豊富なスタッフが在籍しています。セルフケア技術から効率の良い自主トレーニング法の指導まで、年齢を問わず全てのアスリートをサポートしていますので、お困りのときには当院までお気軽にご相談ください。

対象の方

プロ選手やアマチュア選手の競技スポーツレベルから、登山、ランニング、ママさんバレーなどのレクリエーションスポーツレベルの方まで、幅広く対応しております。

また、当院ではスポーツ傷害だけでなく、高位脛骨骨切り術後の患者さんのスポーツ復帰を目指したリハビリテーションも実施しております。

実施内容

術後早期はメディカルリハビリテーションが中心となります。メディカルリハビリテーションでは、術部の修復過程に応じた患部のリハビリテーションを実施しながら、患部のリスク管理をした上で、質・量ともに高いレベルでの患部外トレーニングを早期から実施します。そうすることで、受傷前より高いレベルでの競技復帰を目指します。術部修復と身体機能の改善に応じて、少しずつ競技特性を踏まえたアスレティックリハビリテーションを導入していきます。そこで、身体機能を生活レベルから競技レベルへ移行させていきます。

当院のアスレティックリハビリテーションの特徴

  • トレーナー経験が豊富なアスレティックトレーナー、理学療法士が在籍。
  • 競技復帰に向けた質の高いリハビリテーションのために人工芝、タータンを設置。
  • 積極的な自主トレ時間の導入。
  • ガンバ大阪チームドクター1名、U18‐U20サッカー日本代表ドクター1名が在籍。

スポーツ整形外科・アスレティックリハビリテーションスタッフ紹介

吉矢 晋一
名前
整形外科医

吉矢 晋一 Yoshiya Shinichi

専門分野
  • 整形外科
資格・所属学会
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 認定スポーツ医(日本整形外科学会)
  • 認定スポーツ医(日本体育協会)
諸岡 孝俊
名前
整形外科医

諸岡 孝俊 Morooka Takatoshi

専門分野
  • 整形外科
資格・所属学会
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
  • 認定運動器リハビリテーション医(日本整形外科学会)
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • U20サッカー日本代表チームドクター
  • ガンバ大阪チーフチームドクター
神原 俊一郎
名前
整形外科医

神原 俊一郎 Kanbara Shunichiro

専門分野
  • 整形外科
資格・所属学会
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 認定スポーツ医(日本整形外科学会)
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 回復期リハ病棟専従医師研修会(回復期リハ病棟協会)
島本 大輔
名前

島本 大輔 Shimamoto Daisuke

資格
  • 理学療法士
  • 日本体育協会公認アスレティックトレーナー
所属学会
  • 日本理学療法士協会
  • 臨床スポーツ医学会
  • 日本フットボール学会
  • 日本スポーツ協会
  • 日本赤十字社 救急法救急員
論文掲載
  • Effect of ankle taping on trunk stability. The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine. 2020.
トレーナー帯同
チーム名
  • 神戸国際大学附属高校サッカー部
  • 武庫川女子大学サッカー部
  • ARCO KOBE(日本女子フットサルリーグ)
スポーツ歴
  • サッカー歴10年
抱負・メッセージ
  • サッカー・フットサル・野球など多くのスポーツ傷害をサポートしてきました。リハビリは辛い時間かもしれませんが、少しでも辛い時間を楽しい時間に変えられたら最高です!!!
山下 明宏
名前

山下 明宏 Yamashita Akihiro

資格
  • 理学療法士
所属学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床スポーツ医学会
トレーナー帯同
チーム名
  • 六甲クラブラグビーチーム
スポーツ歴
  • ラグビー歴9年
  • 所属実績:近鉄ライナーズ(実業団チーム)
  • サッカー歴9年
  • 柔道1年
抱負・メッセージ
  • 高校からラグビーを始めて頚椎捻挫や脱臼などケガを乗り越えて社会人ラグビーでプロ選手の経験ができました。この経験は、ケガをしたときの医療スタッフの支えがあったからです。ケガを乗り越えて多くの経験ができるよう少しでもお力になれるためサポートさせていただきます。
岸川 昌嗣
名前

岸川 昌嗣 Kishikawa Masaya

資格
  • 理学療法士
所属学会
  • 日本理学療法士協会
トレーナー帯同
チーム名
  • 浜脇シャークス(少年少女軟式野球チーム)
スポーツ歴
  • 野球歴 約20年
抱負・メッセージ
  • 全疾患を担当していますが、そのなかでも特に野球肘、野球肩など野球に関する疾患のリハビリを得意としています。リハビリでは辛いこと、しんどいことも多々ありますが、スポーツ復帰できるように全力でサポートしますので一緒に頑張りましょう!
高田 彩加
名前

高田 彩加 Takada Ayaka

資格
  • 理学療法士
所属学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床スポーツ医学会
トレーナー帯同
チーム名
  • 武庫川女子大学女子サッカー部
  • ARCO KOBE(日本女子フットサルリーグ)
スポーツ歴
  • スノーボード歴7年
  • ハーフパイプ競技歴6年(※JOCジュニアオリンピック大会3位)
抱負・メッセージ
  • スノーボード競技の経験を活かしたウィンタースポーツから、サッカーなどの球技まで幅広く選手のサポートを行っていきます!
長續 岳洋
名前

長續 岳洋 Nagatsugu Takehiro

資格
  • 理学療法士
所属学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床スポーツ医学会
トレーナー帯同
チーム名
  • BUBBLES(社会人男子バスケットボール)
スポーツ歴
  • バスケットボール歴13年
抱負・メッセージ
  • 私は高校二年生の時にバスケットで膝のケガをしました。手術から9ヵ月の間リハビリを続け、高校最後の大会に出場することができましたが、身体はイメージしたように動かず、納得のいくプレーはできなかった経験があります。ケガをした方が同じような気持ちを抱えることなく、また再びケガをしないように、一緒にリハビリを頑張りましょう。
秋津 英之
名前

秋津 英之 Akitsu Hideyuki

資格
  • 理学療法士
  • 日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者(JATI-ATI)
所属学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本トレーニング指導者協会
トレーナー帯同
チーム名
  • 瓦木中学校サッカー部
  • 今津高校サッカー部
スポーツ歴
  • 野球歴7年
  • 陸上歴3年
抱負・メッセージ
  • 自分自身も足首のケガで手術・リハビリをした経験もあって理学療法士になりました。学生時代に陸上競技の経験があるため、陸上競技全般とそのほかのスポーツ障害のニーズに対応していきます。
牧 将平
名前

牧 将平 Maki shouhei

資格
  • 理学療法士
所属学会
  • 日本理学療法士協会
トレーナー帯同
チーム名
  • 六甲ラグビーチーム
  • ARCO KOBE(日本女子フットサルリーグ)
スポーツ歴
  • 野球歴5年
  • ラグビー歴3年
抱負・メッセージ
  • 私は、野球やラグビーを通して、腰椎分離症や野球肘、タックルなどでの骨折を経験しました。その度に病院を受診しリハビリを行いましたが、安静期間が長く運動できない辛い時間でした。ケガをしたみなさんの辛い時間を有意義な時間に変えられるよう明るく、楽しく過ごせたらと思います。一緒に前進していきましょう。
織田 岬希
名前

織田 岬希 Oda Misaki

資格
  • 理学療法士
所属学会
  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床スポーツ医学会
論文掲載
  • 日本運動器学会誌「運動器リハビリテーション」健常中高年における下肢機能が片脚立ち上がり能力に及ぼす影響(※2020年内掲載予定)
スポーツ歴
  • クラシックバレエ歴7年
  • バレーボール
  • バスケットボール歴あり
  • 剣道歴10年
抱負・メッセージ
  • 私は高校生の頃に膝を手術してリハビリを受けた経験があるので、痛い、つらい気持ちがわかります。リハビリしている方も、これからリハビリする方も再びケガをしないような身体を作るために一緒に頑張りましょう!
渡邉 萌恵
名前

渡邉 萌恵 Watanabe Moe

資格
  • 理学療法士
  • BODY ELEMENT SYSTEM JAPAN認定 マットピラティストレーナー指導者
所属学会
  • 日本理学療法士協会
トレーナー帯同
チーム名
  • 親和女子大学女子バスケットボール部
スポーツ歴
  • サッカー歴6年
  • バスケットボール歴6年
抱負・メッセージ
  • もう一度全力でプレーできるように最大限のお手伝いをします。協力できることがあれば、何でも相談してください。力になります!
  • 同競技でバスケットやサッカーされている方も他競技の方もケガを克服して行きましょう!

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る