当院について 当院について

当院について

病院実績

当院では、365日間、早朝から夜間まで、機能訓練に加え、日常生活動作能力の向上、早期在宅復帰を目指した生活再建、「人間性の回復」のリハビリテーションを最も重要視しています。
在宅復帰のためには、日常生活動作能力の向上が欠かせません。日常生活動作とはADLとも呼ばれ、一般的には食事、排泄、更衣、入浴、整容動作が含まれます。この中でも在宅生活に最も必要とされるのは、「ごはんを食べること」と、「排泄を自分で行うこと」であり、当院ではこの2つの動作の回復に特に力を注いでリハビリテーションを行っております。

回復期リハビリテーション病棟の実績

回復期リハビリテーション病棟には、求められる多くの決まり事がありますが、当院では徹底したチーム医療と、的を絞った集中的なリハビリテーションの実践により、非常に高い実績を挙げることができています。

診療実績

在宅復帰率 リハビリ提供時間 重症な患者さんの受け入れ割合 重症な患者さんの回復率
91.66%
(70%以上)
6.20単位=124.0分
(2単位=40分以上)
40.54%(30%以上) 83.33%(30%以上)

*()内は厚労省の定める条件

患者受け入れ割合

整形外科疾患 脳血管疾患 廃用症候群
78.0% 11.0% 11.0%

実績指数

実績指数とは、リハビリの効果を測る指標のひとつです。入院時と比較して退院時にどれくらいADLが改善できたのかを点数化し、それに要した入院期間を所定の計算式に当てはめて算出します。

当院の実績指数 (2020年8月時点)

当院の回復期リハビリテーション病棟の実績指数
48.7

厚生労働省が定めた基準により「実績指数37以上」である必要があり、当院では毎月実績指数を公開しています。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る