整形外科 整形外科

整形外科

手術前から手術後までの流れ

外来診察と術前検査

外来適院をしながら手術の計画を立て、手術日に合わせた「手術前検査」を行います。

主な検査内容

  • 血液検査
  • 胸部腹部レントゲン
  • 心電図
  • 肺機能
  • 下肢静脈エコー
  • 心臓のエコー検査(該当者のみ) など

そのほかにも、現在服用中のお薬についての確認や歯科衛生士による口腔チェック、その他の病気の有無検査などを行います。


自己血貯血について

自己血貯血とは、手術中または手術後に輸血が必要になる可能性に備えて、前もってご自身の血液を採血・保存することをいいます。

人工股関節の手術には数百ccの出血が想定されるため、自己血貯血の採血を外来通院時に行います。当院の場合は、手術5週間以内の外来通院時に約2回の採血を行います。


入院から手術について

手術予定日の前日に入院していただきます。手術直後の痛みを取り除くため、痛み止めの薬を使います。また、脱臼防止の説明や手術に関する案内などを医師と看護師からお伝えします。 手術にかかる時間は約2~4時間ほどです。※状況によって変わります

手術前から当日について

  • 理学療法士による脚の長さや関節の動き、筋力などのチェックを行います
  • 術前に手術室の看護師や麻酔科医がお話を伺いに行きます
  • 手術が終わった当日はベッド上で安静にしていただきます


リハビリについて

早期退院を希望される場合は、経過を見ながら早期の歩行訓練を開始しますが、高齢の方や動作に不安がある場合は、日常の細かい動作も合わせたリハビリを重ねられる回復期リハビリテーション病棟で最長3カ月のリハビリ期間を設けています。

  • 手術翌日はベッドから動くことを目標に
  • 強引に歩くのではなく不安を解消させるリハビリ
  • 病棟内での歩行練習、立ちすわりや階段昇降などの練習を経て退院へ


退院と退院後の通院について

  • 早期退院を希望される場合は10日から2週間ほどで退院することも可能です。
  • 退院後も定期検診を受診いただき、不安がある場合はリハビリ対応を行います。
  • 定期受診の目安は退院から「1ヵ月」「3ヵ月」「6ヵ月」、その後も1年おきに通勤をお願いしています。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る