半月板損傷について 半月板損傷について

半月板損傷について

半月板は「すねの骨(脛骨)」の表面を覆う軟骨組織で三日月の形をしていて、膝関節を安定させる役割や膝にかかる衝撃をクッションのように吸収して分散させる役割があります。半月板は「内側半月板」と「外側半月板」のふたつがあります。

半月板損傷は、膝に強い衝撃がかかったときや異常な状態で膝関節がねじれたときなどに損傷します。また、40歳以降になると、日常の生活動作のなかで損傷する可能性も高くなります。
半月板損傷は、一度損傷すると自然治癒が難しいケガのひとつです。半月板損傷の特徴としては、安静にしているときは痛みをさほど感じることがなく、少しでも膝を動かすと激痛が起こります。膝にかかる衝撃をクッションのように吸収できる機能が大きく落ちていない損傷状態であれば、まずはリハビリテーションの治療を開始します。

半月板損傷の主な症状

・膝に痛みを感じる(動かすと痛みが起こる)
・膝にひっかかり感がある
・膝に水がたまる
・急に膝が動かなくなる(思い通り動かない)
・ときにポンっと膝裏に音がしたあとに強い痛みが起こる

半月板損傷の痛み・動かなくなる原因

半月板に切れ目(損傷)が入り、痛みが起こる場合やクッションとしての機能が落ち、軟骨が傷む(すり減る)ことで炎症が起き痛みを感じます。
また、膝が動かなくなる原因は、半月板が切れてしまったことで「ひっかかる」もしくは膝を伸ばしきれなくなる(ロッキング)が考えられます。

手術や治療について

半月板損傷の治療は前十字靭帯の治療法と同じように、「保存療法」と「手術療法」のふたつがあります。膝にかかる衝撃をクッションのように吸収できる機能が大きく落ちていない損傷状態であれば、まずは保存療法となるリハビリテーションの治療を開始します。軽症であれば、保存療法で良くなりますが症状が改善しない場合や重症の場合は手術療法を行います。
手術は前十字靱帯の手術同様、「関節鏡」という内視鏡を使って行います。関節鏡(内視鏡)の手術器械を入れるための小さな傷が3つほど必要になります。膝の内側と外側に4cmほどの切り傷が必要です。手術器械を入れるための傷を含め1cm程度の傷が3〜5ヵ所必要になります。また手術中に関節のなかを細かく観察し、治りづらい軟骨損傷などがあれば一緒に対応します。

手術後のリハビリについて

半月板損傷の術後リハビリテーションは、損傷した半月板が内側・外側、切除または縫合部位・範囲によって異なります。また軟骨損傷を伴っている場合には、別途のリハビリテーションが必要となるため、リハビリテーションの程度は異なります。一般的に安全な範囲で膝関節を動かし、可動域を回復させるリハビリテーションが中心となります。術後3〜4カ月ほどで軽いジョギングなどが可能になります。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る