整形外科 整形外科

整形外科

整形外科

当院の整形外科では、変形性膝関節症や変形性股関節症を中心とした変性疾患に対する「人工関節手術」と、前十字靭帯断裂、半月板損傷をはじめとしたスポーツ外傷に対する診断・治療とリハビリテーションにより早期のスポーツ復帰を目指す「スポーツ整形外科」このふたつを中心とした診療に取り組んでいます。

人工関節について

当院では「変形性股関節症」や「変形性膝関節症」などの変性疾患に対する「人工関節手術」と「骨温存手術」を行っています。より安全で確実な治療を目指してインプラントの設置位置・設置角度・骨きり精度を重要視し「ナビゲーションシステム」を導入しています。

当院で導入している「ナビゲーションシステム」は、骨盤や大腿骨にインプラントを取り付ける手術前に、位置や角度を正確に認識・設置できるようにアシストするコンピュータ計測装置です。どの方向へどれくらい移動すれば正確な手術ができるのかを計測します。人工関節手術における、インプラントの設置異常に伴う脱臼のリスクを減らし、最適な位置と角度に人工関節のインプラントを設置することにより可動域の回復や長期耐用性も期待できます。低侵襲手術や術後鎮痛にも取り組み、術後の筋力低下や疼痛を少なくし、術後リハビリテーションの早期開始、早期退院、さらには早期社会復帰を目指しています。
また、比較的若年者の変形性関節症に対する骨温存手術にあたる「かんこつきゅう回転骨切り術」「骨盤骨切り術」「こう脛骨けいこつ骨切り術(HTO)」「大腿骨骨切り術」などの手術も積極的に行います。

「ナビゲーションシステム」について

当院では、Stryker社製のCTナビゲーションを導入しています。ナビゲーションシステムとは、車に取り付けるカーナビのようなもので、術前に撮像したCTやMRI画像をナビゲーションシステムに取り込みことで3次元データが作成できます。手術をするときに、病変部とその周囲をどの方向に進むのかなどを確認できます。また、骨盤の変形や人工関節の設置位置などを手術中にリアルタイムに表示でき、ナビゲートがさまざまな場面で役立ちます。

この手術は、寛骨臼形成不全があり、股関節に違和感がある方や長時間の歩行時に痛みを感じている方、変形性股関節症の進行具合が「前期」または「初期」の方に向けて行う手術です。股関節痛の緩和と変形性股関節症の進行を抑える目的とした手術です。


(変形性股関節症の進行)
初期:関節の隙間があいている
進行期:関節の隙間が狭くなる
末期:骨が変形する


手術方法

股関節の屋根の部分にあたる寛骨臼と大腿骨頭のかみ合わせを矯正する手術です。寛骨臼のまわりをドーム状に切り、寛骨臼を前外方に回転させて固定し、大腿骨頭を覆います。寛骨臼がしっかりと大腿骨頭を覆うようになるため、痛みが改善されます。入院期間は約2か月間で、骨の強度や術後の骨癒合能力などから50代よりも若い方を適応年齢とする場合が多く、ある程度早めに手術をすることをおすすめしています。また、当院では念のために外来通院期間中に自己血の採取を行い、術前の自己血貯血を行っています。

スポーツ整形外科について

前十字靭帯断裂をはじめとしたスポーツ外傷に対する診断・治療とリハビリ テーションにより、早期のスポーツ復帰を目指します。 スポーツ選手のみならず、膝関節・足関節や肩関節・肘関節に障害をかかえるすべての人々が対象となります。

術後リハビリテーションの充実に向けて

手術翌日からの積極的なリハビリテーションを実施することにより、早期退院・早期社会復帰を目指しています。術前の状態や年齢によっては在宅復帰までに長期間を要する場合があります。そのような場合には回復期リハビリテーション病棟への転棟も可能です。ひとつの病院でさまざまな段階のリハビリテーションを継ぎ目なく受けることができる環境を整えます。
スポーツ選手に対しては、各種目や障害部位に応じた専門的なリハビリテーションを提供できる環境を整えています。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る