部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

看護部

ご挨拶

看護部長米津 壽実子

看護の'看'という文字は、「手」と「目」で構成されています。看護師として、温もりのある「手」で患者さんの気持ちを受け取り、心を癒す。看護の思いを「目」を見て伝え、コミュニケーションを図りながら思いを知る。という'看'の文字に込められた意味と、平成医療福祉グループの理念である「絶対に見捨てない」を常に念頭に置き、看護の理念である「3つの手」を大切に日々の看護に取り組んでいます。

リハビリテーション病院の看護師として、患者さんが'なりたい自分'を見つけ、安心して地域・自宅に復帰されるために、何ができるか常に考え切磋琢磨しています。そのために、他職種と連携することで看護の質向上に努めています。

教育制度では、目標管理・成長段階に応じたクリニカルラダーの導入と、知識面においてeラーニング・院内教育を行なっています。

地域の患者さんに信頼され「この病院に来てよかった」と感じていただけるよう、努力していきたいと思っています。

看護部理念

私たちは3つの手で看護を提供します。

  1. 「さする手」 痛みを和らげるための手
  2. 「癒す手」 心を癒すための手
  3. 「つなげる手」 人と人、人と社会、すべてのものをつなぐ手

看護部目標

  1. 看護部関連のマニュアル作成・整備とマニュアルに基づいた看護実践
  2. 他部門と連携を深め、看護実践レベルを向上させる
  3. 安全な医療を提供できる
  4. 看護・介護職員の職場環境を整え、離職者を最小にする

特定行為研修 修了看護師

医療の多様化に伴い、在宅医療をはじめとする慢性期医療の現場でも看護師のニーズは拡大しています。特定行為研修を修了した看護師は、医師不在時などにおいて手順書に沿って特定行為を行うことができます。高齢者医療を支える未来のキーパーソンとしての役割が期待されています。

当院では現在、3名の特定行為看護師が勤務しており、慢性期医療に関連の深い栄養および水分管理に係る薬剤投与をはじめとする7区分14行為を実施しています。

患者さんのわずかな変化・異常に対して研修で習得した知識と技能を駆使し、求められる医療を検討しながら、より高度な医療を提供できるように医師・医療スタッフとともに日々努力しています。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る