部門のご紹介 部門のご紹介

部門のご紹介

看護部

ご挨拶

看護部長米津 壽実子

看護部は「安全で感性豊かな心温まる看護」を提供できるよう努めています。患者さんやご家族の立場に立った看護を心掛けるとともに、他職種とチーム医療体制を整え、互いに役割を発揮し合い、患者さんにとって最も良い状態で社会復帰ができるよう支援いたします。
また、社会の変化・医療の進歩に対応できる専門職業人として、自己研鑽に努力をしています。看護師特定行為研修の実施にも対応し、幅広い看護を提供しています。地域の患者さんに信頼され選ばれる病院となるよう努力していきます。

看護部理念

私たちは3つの手で看護を提供します。

  1. 「さする手」 痛みを和らげるための手
  2. 「癒す手」 心を癒すための手
  3. 「つなげる手」 人と人、人と社会、すべてのものをつなぐ手

看護部目標

  1. 看護部関連のマニュアル作成・整備とマニュアルに基づいた看護実践
  2. 他部門と連携を深め、看護実践レベルを向上させる
  3. 安全な医療を提供できる
  4. 看護・介護職員の職場環境を整え、離職者を最小にする

特定行為研修 修了看護師

医療の多様化に伴い、在宅医療をはじめとする慢性期医療の現場でも看護師のニーズは拡大しています。特定行為研修を修了した看護師は、医師不在時などにおいて手順書に沿って特定行為を行うことができます。高齢者医療を支える未来のキーパーソンとしての役割が期待されています。

当院では現在、3名の特定行為看護師が勤務しており、慢性期医療に関連の深い栄養および水分管理に係る薬剤投与をはじめとする7区分14行為を実施しています。

患者さんのわずかな変化・異常に対して研修で習得した知識と技能を駆使し、求められる医療を検討しながら、より高度な医療を提供できるように医師・医療スタッフとともに日々努力しています。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る