新着情報 新着情報

新着情報

西宮回生ニュース

院内設備のご紹介(vol.3:HONDA歩行アシスト)

院内の設備機器をご紹介します。
第3回目は、「HONDA歩行アシスト」です。

腰と太もものあたりに装着し、股関節からのモーターの力で歩行を支援する
装着型のロボットです。当院では、入院中の患者さんやデイケアをご利用中の方に
歩行速度の向上と歩き方の改善、「足の振り出す力」や「蹴り上げる力」の補助を
目的として使用しています。

  

歩行アシストの装着は5分ほどで、重さは約2.7kgです。
歩いた速度や歩幅などは、すぐにタブレット端末で確認できるため
より効果的な練習を行うことができます。

当院では、脳卒中や整形外科疾患を持ち、ひとりで歩行できる方(杖歩行を含む)、
わずかな介助で歩行の練習ができる方を中心にご利用いただいています。

  

利用された方の効果としては、歩行速度の向上や左右非対称性の改善などがあります。
「歩くこと」に対して患者さんが感じている、それぞれの悩みや不安を解決する
一助になるよう、リハビリテーション部でサポートしています。