外来のご案内 外来のご案内

外来のご案内

外来診察科目のご紹介

内科

高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、胃潰瘍や肝炎などの慢性疾患、そして風邪・腹痛・下痢などの一般救急疾患など専門分野以外にも幅広く診療を行っており、地域のみなさんがもしもの時に頼れる病院として健康をサポートいたします。また、血液内科・腎臓内科・循環器内科・リウマチ内科・消化器内科それぞれの専門医師が他科とも協力し合い、そして連携してさまざまな視点から、痛みや不調の原因を診断し対処法を見つけていきます。体調に変化や不安があるときには、ぜひお気軽にご相談ください。

外科

外科では薬物療法ではなく、手術的な方法によって病気やけがを治療します。当院では一般消化器や外傷を中心に治療を行なっています。

小児科

すべての子どもの病気に柔軟に対応致します。発熱、頭痛、咳、鼻水、腹痛、嘔吐・下痢などの一般的な病気の方や、どこが悪いか分からないけれど、なにか調子が悪いと思うときに受診してください。また、当小児科では小児疾患の各分野において専門性のある医療を提供しています。病気の子どもたちへのよりよい医療、社会の小児医療に対するニーズに応じた医療を行い、子どもたちがより質の高い生活活動が維持できるようになることを目指しております。

整形外科

痛みというのは他人には理解されにくい症状であるが故に、痛みを感じている本人はより苦しいものです。また、痛みを抱えていることは大きなストレスであり、精神的な影響が出る事も少なく有りません。当科では痛みの原因を正しく診断し、様々な対処法の中からその人に合った方法を選択し解決を目指します。

脳神経外科

中枢神経である脳・脊髄疾患の診断と治療を行っています。脊椎・脊髄疾患である脊柱管狭窄症に対する外科的治療および保存的加療を行っています。しかし、脳血管障害には脳動脈瘤・脳梗塞・脳出血・血管奇形など原因は多彩で、多くの場合が、高血圧・糖尿病・脂質異常症を合併した成人病であり、内科医との連携による治療が必要となります。他科と連携をし診断から治療までを早急に、スムーズに進行できるよう支援いたします。当院で行えない特殊放射線治療(ガンマーナイフ)、血管内手術(コイル塞栓術)の適応の疾患は、連携している他施設への紹介をし、早急に対応ができるよう支援いたします。

眼科

白内障、緑内障、ドライアイ、アレルギー、糖尿病網膜症、斜視、弱視、眼精疲労などの疾患の診察や、メガネ・コンタクトレンズの相談、目の健康診断を、日本眼科学会専門医が行っています。より専門的な治療が必要な疾患に関しては大学病院と連携し、随時紹介しております。糖尿病網膜症、網膜裂孔、緑内障などに対する光凝固術、後発白内障に対するYAGレーザーなどのレーザー治療を行っております。手術は、白内障を中心に期日指定の入院で行っております。眼はあなたと一緒に一日中働いています。眼に少しでも違和感や異常を感じたら、ぜひご相談ください。

皮膚科

皮膚科は生後間もない赤ちゃんから高齢者の方まで、一度は訪れる機会のある診療科です。どの診療科においても言えることですが、早期発見、早期治療が大切です。もちろん予防も大切です。皮膚の症状で何か気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

リハビリテーション科

神経、骨・関節、内臓疾患などにより何らかの障害をきたした患者さんに対し、診断・評価を行い、専門スタッフが治療・リハビリテーションを行います。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など多数在籍しており、機能改善や障害予防、ホームエクササイズ等、一人ひとりの症状・生活にあわせた専門的なリハビリテーションをご提供いたします。

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る