当院について 当院について

当院について

整形外科センター

整形外科センターとは

兵庫医大整形外科学教室の関連病院として大学病院スタッフの全面的なバックアップのもと、大学病院と同様の手術設備を整え質の高い安全で確実な治療を行います。

人工関節センターでは、変形性膝関節症や変形性股関節症を中心とした変性疾患に対する人工関節手術を行います。

スポーツ整形外科センターでは、前十字靭帯断裂、半月板損傷をはじめとしたスポーツ外傷に対する診断・治療とリハビリテーションにより早期のスポーツ復帰を目指します。

人工関節センター

人工関節センターでは、変形性股関節症や変形性膝関節症などの変性疾患に対する人工関節手術はもちろん、骨温存手術も行います。大学病院などで使用されているナビゲーションシステムを導入して、より安全で確実な治療を目指します。ナビゲーションシステムとは術前に撮影したCTをもとに3次元計画を立て、その計画を術中にコンピューターナビゲーションにより、正確に再現するためのシステムです。

このシステムを使用することで人工関節の最大の合併症であるインプラント設置異常による脱臼のリスクを減らすことができます。また、最適な位置と角度に人工関節のインプラントを設置することにより可動域の回復や長期耐用性も期待できます。最小侵襲手術や術後鎮痛にも取り組み、術後の筋力低下や疼痛を少なくし、術後リハビリテーションの早期開始、早期退院、そして早期社会復帰を目指しています。

さらに、比較的若年者の変形性関節症に対する骨温存手術である寛骨臼回転骨切り術・骨盤骨切り術・HTO(脛骨高位骨切り術)・大腿骨骨切り術なども積極的に行います。

スポーツ整形外科センター

前十字靭帯断裂をはじめとしたスポーツ外傷に対する診断・治療とリハビリ テーションにより、早期のスポーツ復帰を目指します。 スポーツ選手のみならず、膝関節・足関節や肩関節・肘関節に障害をかかえるすべての人々が対象となります。

術後リハビリテーションの充実

手術翌日からの積極的なリハビリテーションにより早期復帰を目指します。術前の状態や年齢によっては在宅復帰までに長期間を要する場合があります。そのような場合には回復期リハビリテーション病棟への転棟も可能です。ひとつの病院でさまざまな段階のリハビリテーションを継ぎ目なく受けることができる環境を整えます。

スポーツ選手に対しては、各種目や障害部位に応じた専門的なリハビリテーションを提供できる環境を整えております。

CTナビゲーションシステムの導入

当院では、人工関節手術を行うにあたり、重要視しなければならないこととして、インプラントの設置位置、設置角度、骨きり精度を挙げております。

生活の質を高める目的で患者さんはこの手術的治療を行うことを決断されているため、痛みを減らすことはもちろん、術後の脱臼、脚長不等、可動域制限などの不具合(患者さんによっては、不可能な場合もあります)を確実にクリアするために、Stryker社製のCTナビゲーションを導入いたします。

現在、手術支援器具を持ち合わせた病院は数が少ないのが実情で、近畿圏でも10病院あるかないかであります。当院での関節手術における最大の特徴を生かして、みなさんに安心して手術を受けていただけるよう、ソフト面も充実させていきたいと考えております。

CTナビゲーションシステムの特徴

  • 利点 設置精度が非常に高い。
    人工関節手術には、その視野の小ささからくる合併症を生む可能性があります。実際に手術に際して、いくら傷を大きくあけても、我々が直視する関節の視野は非常に狭く、インプラントを設置する位置も目標角度を達成するにはいわゆる巧みの技が必要です。実際にナビゲーションを使用しないで手術を行った場合、許容される設置角度にあたっている割合は、約25%とされ、術後患者さんには脱臼予防指導が通常必須となっています。
    しかし、このナビゲーションを使用した結果、目標設置角度との誤差は平均3度であることは過去の使用経験で実証されております。また、脚長差の問題もクリアできるようになっております。さらにその後には術後インプラントが緩むまでの長期成績にまで期待をもてるメリットがあります。
  • 欠点 別の傷がつく。
    どのナビゲーションにも必要になる処置があります。股関節手術であれば手術する側の骨盤に爪の大きさほどの傷をつけて、アンテナを取り付けます。また膝の手術であればふともも、すねの部分に傷がつきます。傷がつく以外には、アンテナをさした部分の骨が骨折することもあり得ますので、術前に大腿骨、脛骨の骨粗鬆症の強い人にはできません。症例を検討して使用可能かを考えて使用します。

担当医師のご紹介

平成28年4月より、過去100年以上にわたり、地域医療に根ざした西宮回生病院に赴任しております。

地域に根ざした西宮回生病院に整形外科センターを設立するにあたり、私は、患者さんとの出会いを大切に、そして我々と共に治療に取り組む、専門性と愛情にあふれた医療現場を実現するべく、努力と研鑽を続けて参ります。

福井 智一
名前
整形外科部長

福井 智一 Fukui Tomokazu

専門分野
  • 膝関節
  • 股関節
資格・所属学会
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 認定リウマチ医(日本整形外科学会)
  • 認定スポーツ医(日本整形外科学会)
  • 認定運動器リハビリテーション医(日本整形外科学会)
  • 日本整形外科学会
  • 日本股関節学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本骨折治療学会

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る