当院について 当院について

当院について

アスレティックリハビリテーション

アスレティックリハビリテーションとは

日本体育協会公認アスレティックトレーナーを有した理学療法士と日本体育協会公認スポーツドクターが連携し、競技復帰までに必要な、リハビリテーション、アイシングやセルフストレッチなどのセルフケア指導、動作指導やテーピング指導、再受傷リスクのマネジメント、競技復帰に必要なメンタルケアを実施します。また、競技パフォーマンスの向上も念頭に置き、競技復帰した時に、受傷前よりパフォーマンスが向上するようにリハビリテーションを実施していきます。

対象の方

プロ選手やアマチュア選手の競技スポーツレベルから、登山、ランニング、ママさんバレーなどのレクリエーションスポーツレベルの方まで、幅広く対応しております。

また、当院ではスポーツ傷害だけでなく、高位脛骨骨切り術後の患者様のスポーツ復帰を目指したリハビリテーションも実施しております。

実施内容

術後早期はメディカルリハビリテーションが中心となります。メディカルリハビリテーションでは、術部の修復過程に応じた患部のリハビリテーションを実施しながら、患部のリスク管理をした上で、質・量ともに高いレベルでの患部外トレーニングを早期から実施します。そうすることで、受傷前より高いレベルでの競技復帰を目指します。術部修復と身体機能の改善に応じて、少しずつ競技特性を踏まえたアスレティックリハビリテーションを導入していきます。そこで、身体機能を生活レベルから競技レベルへ移行させていきます。

当院のアスレティックリハビリテーションの特徴

  • トレーナー経験が豊富なアスレティックトレーナー、理学療法士が在籍。
  • 競技復帰に向けた質の高いリハビリテーションのために人工芝、タータンを設置(準備中)
  • 積極的な自主トレ時間の導入
  • ガンバ大阪チームドクター1名、U18‐U20サッカー日本代表ドクター1名が在籍。

スポーツ整形外科センター

神原 俊一郎
名前
整形外科医

神原 俊一郎 Kanbara Shunichiro

専門分野
  • 整形外科
資格・所属学会
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 認定スポーツ医(日本整形外科学会)
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
神頭 諒
名前

神頭 諒 Kanto Ryo

所属
  • Jリーグ ガンバ大阪チームドクター
諸岡 孝俊
名前

諸岡 孝俊 Morooka Takatoshi

所属
  • Jリーグ ガンバ大阪チームドクター
  • U18-U20サッカー日本代表ドクター
島本 大輔
名前

島本 大輔 Shimamoto Daisuke

専門分野
  • 理学療法士 兼 アスレティックトレーナー
山下 明宏
名前

山下 明宏 Yamashita Akihiro

専門分野
  • 理学療法士
岸川 昌嗣
名前

岸川 昌嗣 Kishikawa Masaya

専門分野
  • 理学療法士
高田 彩加
名前

高田 彩加 Takada Ayaka

専門分野
  • 理学療法士

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

0798-33-0601
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る